夜景Navi 特集 工場夜景ジオラマを作る!
夜景Naviトップ > 工場夜景ジオラマを作る! 6
■配管タワーを設置
組みあがった配管タワーをボードに設置する作業にとりかかります
4本の支柱よりも先に組み込まなければならないのが光ファイバー、
1本の支柱につき光ファイバーが2本ずつ入るので、少しでも位置がずれると
配管タワーそのものが垂直に立たなくなってしまいます。
あぁなんでこんな複雑なものを作ってしまったんだろう…とこの時は少々後悔気味に。
位置を合わせながら慎重に降ろしていきます。
■そして設置、結合!
無事に配管タワーが設置されました。
ふぃ~っと一息つく間もなく、蒸留塔やら冷却塔とパイプを結合していきます。
これは見よう見まね、なんとなくゴチャゴチャ感が出ていればいいかなぁ~程度に
考えています (^^ゞ
- PR -
■俯瞰アングルを
上から見ると、おぉ~なかなかいい感じじゃありませんか!
本物っぽく見えるのが嬉しいですねぇ~
こうなってくると、もっともっとパイプを敷き詰めたくなってきますが
これ以上は忍耐との戦いになるので、このへんで我慢!
タワー内のパイプはピカピカの新品状態。ウェザリングでどこまでリアルに見せられるか?
配管タワーが少しゆがんで見えるかなぁ~、次回への反省点にしておきましょう (^^)
■工場潜入の図?
製油工場の敷地内ってきっとこんな感じなんだろうなぁ、の図。
冷却塔の激しい重低音、パイプを通過するオイルの音、周囲からの熱、
そんなものが感じ取れそうなイメージですね。
これが昼間と夜とではまた違った印象になるのでしょうね。ライティングが楽しみです!
■接続、ウェザリング
パイプ類が順調に組みあがり、所々にウェザリングを施してみました。
やはりこの油汚れとも錆色とも思える褐色のウェザリングは効果抜群ですね!
光ファイバーやLEDが見えなくなるように配管を組み上げていきます。
■タンクローリーにも光ファイバー
どうしてもやりたかったのが、構内に止まっているタンクローリーのライトを光らせること!
ここでも光ファイバーは大活躍をするのですが、タンクローリーに組み込むのが
実に大変なのです!一度車体をバラして、光ファイバーをライター熱で曲げながら
少しずつ中へ中へと埋め込んでいくのです。
光ファイバーの先端部分はヘッドライトやテールライトとなるため、
あらかじめライターであぶって玉状にしておきます。
光ファイバーは曲げる時に角度が急すぎると、折れた部分から先は光が届かなくなってしまい
使いものにならなくなってしまうので、気をつかいながらゆっくりと仕上げていきます。

>> 次へ
- PR -
               6   
 エリアから探す夜景スポット / 観賞スタイルで選ぶ夜景スポット / 夜景スポット情報の見方について / 川崎工場夜景バイブル
 夜景撮影術 / 工場夜景を撮ってみよう / イルミネーションを撮ろう! / 夜景撮影機材について
 問合せフォーム
 
夜景Naviトップ > 工場夜景ジオラマを作る! 6
本内容の無断複製、引用、転載を禁じます
Copyright© Makoto Inukai & 夜景Navi Allrights reserved.